テラトカルシノーマ(英語表記)teratocarcinoma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テラトカルシノーマ
teratocarcinoma

ほ乳動物の胚細胞の腫瘍 (しゅよう) 。未分化状態のまま癌化しているため,細胞分化や癌化の研究材料として用いられている。大量に得ることが不可能なほ乳類初期胚の性質を調べたりするほか,培養条件によって任意の分化を誘導する系が開発されつつあり,細胞分化の良いモデル系として期待されている。近年正常なマウスの初期胚に,マウスのテラトカルシノーマ細胞を注入し,キメラマウスが作製された。この結果,癌細胞が正常組織に分化し,脱癌化する例があることが確かめられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android