コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テリハボク(照葉木) テリハボク Alexandrian laurel

1件 の用語解説(テリハボク(照葉木)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

テリハボク【テリハボク(照葉木) Alexandrian laurel】

熱帯の海岸に見られるオトギリソウ科の常緑高木。高さ20m,直径1mに達し,全体に毛がない。葉は楕円形ないし倒卵状楕円形,長さ9~18cm,先端は円く,ふちに鋸歯はなく,多数の横の平行脈がある。腋生(えきせい)の総状花序は単一で7~13個の花をつける。花は白色で,花弁は4枚,径2~2.5cm,萼片も4枚,おしべは多数。果実は球形の核果で径3~4cm。小笠原琉球諸島,台湾,その他の熱帯アジアポリネシアに分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

テリハボク(照葉木)の関連キーワードマングローブマンゴスチン朝霧草弟切草照葉木巴草福木白鰺刺蓮の葉桐浜沈丁

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone