コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テル・ゼロール遺跡 テル・ゼロールいせきTell Zerol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テル・ゼロール遺跡
テル・ゼロールいせき
Tell Zerol

イスラエルの地中海にのぞむ古都カエザリアの東約 9kmのところにある遺跡。 1964~66年日本の学術調査団によって組織的に発掘された。中期青銅器時代 (前 2000~1600頃) には,メギドに匹敵するパレスチナにおける大都市であったと思われ,さらに後期青銅器時代 (前 1600~1200頃) には銅器製造の一中心地となったが,鉄器時代 (前 1200~700頃) には町の中心が北の小丘に移って縮小され,ギリシア・ローマ時代以後は人が居住しなくなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

テル・ゼロール遺跡の関連キーワードイスラエル

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android