コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テル・サラサート Telul el‐Thalathāt

1件 の用語解説(テル・サラサートの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

テル・サラサート【Telul el‐Thalathāt】

イラク北部のモースルの西51kmにあって,メソポタミアにおける土器の初現期に始まる遺跡。江上波夫を団長とする東京大学イラク・イラン遺跡調査団が,日本人として西アジアで初めて発掘を行った記念すべき遺跡である。1956,57,64,65年の4次にわたって発掘を行い,さらに76年に東京大学イラン・イラク学術調査団が深井晋司団長のもとで第5次の発掘を行った。 高い三つと低い二つのテルからなり,telulはtelの複数形,Telul el‐Thalathātは三つの丘の意味。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

テル・サラサートの関連キーワード真野ラクトースいらくらイランイラク戦争モスル老いらく老いらくの恋モーストイラクのクルド人酔楽

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone