テングカスベ(読み)てんぐかすべ(英語表記)long-nosed ray

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テングカスベ
てんぐかすべ / 天狗糟倍
long-nosed ray
[学]Raja tengu

軟骨魚綱エイ目ガンギエイ科に属する海水魚。北海道南部から東シナ海に分布する。吻(ふん)は太い軟骨で支持されるため折り曲げられないこと、吻が長く、とくに前部は細長く伸長すること、体盤背面は暗褐色で、胸びれ基部に眼状斑(がんじょうはん)がないことなどが特徴である。水深60~150メートルに生息し、北日本に多い。卵生で、産卵は春季。底引網で漁獲され、ぬた、煮つけなどにされるほか、練り製品の原料になる。[仲谷一宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android