テングカスベ(読み)てんぐかすべ(英語表記)long-nosed ray

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テングカスベ
てんぐかすべ / 天狗糟倍
long-nosed ray
[学]Raja tengu

軟骨魚綱エイ目ガンギエイ科に属する海水魚。北海道南部から東シナ海に分布する。吻(ふん)は太い軟骨で支持されるため折り曲げられないこと、吻が長く、とくに前部は細長く伸長すること、体盤背面は暗褐色で、胸びれ基部に眼状斑(がんじょうはん)がないことなどが特徴である。水深60~150メートルに生息し、北日本に多い。卵生で、産卵は春季。底引網で漁獲され、ぬた、煮つけなどにされるほか、練り製品の原料になる。[仲谷一宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android