コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テングタケ(天狗茸) テングタケAmanita pantherina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テングタケ(天狗茸)
テングタケ
Amanita pantherina

担子菌類マツタケ目テングタケ科。一名ヒョウタケ (豹茸) ,ハエトリタケ (蠅取茸) 。夏から秋にかけて,マツなどの林の地上に生える。傘は径 4.5~25cm,初めまんじゅう形,のちに平らになり最後には中央がややくぼむ。太さ1~3cm,長さ5~35cmの柄をもつ。傘の表面は褐色で白色の小さないぼ状の膜が多数斑点状に散らばってついている。茎の上部に膜状の鍔 (つば) があり,下部はよく発達した壺に入っている。胞子紋は白色。このキノコにはムスカリンなどの毒成分があるので,食べることはできないがハエを捕殺するのに利用できる。日本,ヨーロッパ,北アメリカアフリカに分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

テングタケ(天狗茸)の関連キーワードタマゴタケ(卵茸)

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android