コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テングノムギメシ(天狗の麦飯) テングノムギメシ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テングノムギメシ(天狗の麦飯)
テングノムギメシ

長野県黒姫山山頂,浅間山山麓などで安山岩上に見出された自然生の微生物の塊。直径数 mmから 1cmの褐色の粒で,それが 30cmもの層になる。これを構成する生物はグレオカプサ Gloeocapsa数種,ミクロキスチス Microcystis1種,グレオテカ Gloeotheca数種の藍藻類と桿状細菌類などで厚い包膜をかぶっている。これを修験の行者が食べたという言い伝えもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

テングノムギメシ(天狗の麦飯)の関連キーワード小諸市

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android