テンジクダイ(天竺鯛)(読み)テンジクダイ(英語表記)Apogon lineatus

世界大百科事典 第2版の解説

テンジクダイ【テンジクダイ(天竺鯛) Apogon lineatus】

スズキ目テンジクダイ科の海産魚。本州中部以南の日本沿岸でふつうに見られる。地方名も多く,東京都でナミノコ,広島県でメブトジャコ,熊本県でブウブウザッコなどがある。和歌山県和歌浦でホタルジャコと呼ばれるが,別科の魚との混称である。高知県,長崎県のイシモチ,広島県のイシモチジャコは,大きな耳石(じせき)をもっていることに由来する。ニベ科のイシモチとは別種。全長10cmに達する。背部は淡褐色で,体側には約10本の褐色の横帯がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android