コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テンニンソウ(天人草) テンニンソウComanthosphace japonica

2件 の用語解説(テンニンソウ(天人草)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テンニンソウ(天人草)
テンニンソウ
Comanthosphace japonica

シソ科の多年草北海道から九州にかけて日本全土に分布し,山地に生える。地下に太い根茎があり,地上茎は太く四角柱状で高さ 50~100cmとなって下部は木化する。葉は対生し長さ 10~20cmの長楕円形,黄緑色で光沢はない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テンニンソウ【テンニンソウ(天人草) Leucosceptrum japonicum (Miq.) Kitamura et Murata】

山や高原の疎林の下や草地に群生するシソ科の多年草(イラスト)。地下部は木化して硬い。茎は直立し,四角形でほとんど分枝しない。高さ50~100cm。葉は対生し,長楕円形で縁に鋸歯があり,先は鋭くとがる。花は8~9月ごろ茎の先端に尾状の花穂をつくって開く。花穂は初めうろこ状の苞につつまれ,長さ10~20cm。花は黄色で花穂の下から上に向かって咲いていき,花が開くと苞は落ちる。花冠は筒状で先が4裂し,4本のおしべと1本の花柱が長く突き出ている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone