コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テンニンソウ(天人草) テンニンソウ Comanthosphace japonica

2件 の用語解説(テンニンソウ(天人草)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テンニンソウ(天人草)
テンニンソウ
Comanthosphace japonica

シソ科の多年草北海道から九州にかけて日本全土に分布し,山地に生える。地下に太い根茎があり,地上茎は太く四角柱状で高さ 50~100cmとなって下部は木化する。葉は対生し長さ 10~20cmの長楕円形,黄緑色で光沢はない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

テンニンソウ【テンニンソウ(天人草) Leucosceptrum japonicum (Miq.) Kitamura et Murata】

山や高原の疎林の下や草地に群生するシソ科の多年草(イラスト)。地下部は木化して硬い。茎は直立し,四角形でほとんど分枝しない。高さ50~100cm。葉は対生し,長楕円形で縁に鋸歯があり,先は鋭くとがる。花は8~9月ごろ茎の先端に尾状の花穂をつくって開く。花穂は初めうろこ状の苞につつまれ,長さ10~20cm。花は黄色で花穂の下から上に向かって咲いていき,花が開くと苞は落ちる。花冠は筒状で先が4裂し,4本のおしべと1本の花柱が長く突き出ている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

テンニンソウ(天人草)の関連キーワードコバイケイソウ鉢伏山群生松虫草黄金茸柊草味噌川草ウツボグサノウルシミソガワソウ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone