コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テープラーポンプ Toepler pump

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テープラーポンプ
Toepler pump

ドイツの物理学者 A.テープラーによって考案された (1862) 水銀を使用した真空ポンプ。排気すべき容器にコックつきのガラス管をつなぎ,コックを開いて気体の一部をガラス管内に入れ,次にコックを閉じたのち,ガラス管内に水銀を押入れて気体を別の口から押出す。排気速度は小さいが到達真空は水銀の蒸気圧は別として 10-5 トル ( 1.33×10-3Pa ) に達する。現在では真空ポンプとしてよりも,2つの容器の間の気体の移し換えに利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android