コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テ-アナウ湖 テアナウこ

世界の観光地名がわかる事典の解説

テアナウこ【テ-アナウ湖】

ニュージーランドでは北島にあるタウポ湖に次いで2番目に大きく、南島では最大の湖。巨大氷河によってえぐられてできた湖で、岸辺を切り裂くように入り江がいくつも延びていて、サザンアルプスから水を集めている。湖は、最深部が417mで、長さが53km、一番幅があるところは10kmある。◇西岸で発見された「タ・アナ・アウ」(渦巻く水が流れる洞窟)から湖の名称がつけられた。夏には湖畔の遊歩道を散歩したり、ウォータースキーヨット、釣りを楽しんだりすることができ、フィヨルドランドのゲートウェイにもなっている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone