ディアス(読み)でぃあす(英語表記)Bartholomeu Diaz (Dias)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディアス(Bartholomeu Diaz (Dias))
でぃあす
Bartholomeu Diaz (Dias)
(1450?―1500)

ポルトガルの航海者。リズボア(リスボン)出身。父祖以来エンリケ航海王子に仕え、祖父ジョアンはバハドール岬まで、父ディニスはベルデ岬まで到達。バルトロメウは、伝説的なキリスト教国プレスター・ジョンの国とインディアスへの道を求めて、1487年8月、王命により3隻の小型船でアフリカ探検の航海に出た。これまでディオゴ・カオンの到達した極限を越えて、サンタ・ヘレナ(セント・ヘレナ)湾に達し、暴風のため13日間漂流、海岸を離れたので、南東から東に転進したが、陸地を見ず、さらに北に進路を転じて、1488年2月3日フレッシュ湾(アングラ・ドス・バケイロス)に到達した。知らぬまにアフリカ南端を東に回航していたことになる。帰途、南西端に立ち寄り、風浪高く、カーボ・トルメントソCabo Tortmentoso(嵐(あらし)岬)と命名して帰航の途につき、同年12月リズボアに帰着。国王ジョアン2世は、この岬の名をカーボ・ダ・ボア・エスペランサCabo da Ba Esperana(喜望峰)と変更。ついにアフリカ南端を東へ回航する航路が発見され、のちバスコ・ダ・ガマのインド航路発見の端を開くことになった。
 その後、ガマがインドへの航海の命を受けると、彼もその準備に参画し、始めはその航海にも加わり、1497年7月リズボアを出発した。のちポルトガルのインド経営にあたって、カブラルの指揮する大船団(13隻、乗員1200人)に彼は船長として加わり、弟ディオゴ・ディアスらとともに1500年3月8日リズボアを出発。途中たび重なる暴風雨に船団は損傷離散したが、4月22日偶然にブラジルを発見、1か月後インドに向かったが、南大西洋で暴風雨にあい、船4隻を失い、同時にディアスもここで海難死した。[飯塚一郎]
『山中謙二著『地理発見時代史』(1969・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ディアスの関連情報