コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディエゴガルシア基地

1件 の用語解説(ディエゴガルシア基地の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ディエゴガルシア基地

ディエゴガルシア島は66年、英米両国の軍事拠点化が決まった。73年の運用開始当初は主に通信拠点として使われ、米軍の意向で80年代はじめに本格的な補給基地衣替えした。北西部に数キロの滑走路を備えた空港や燃料タンクなどの施設がある。米国は中東や中央アジアへの出撃拠点と位置づけており、アフガンイラクを空爆したB52などの爆撃機はここから飛び立った。01年に成立した「テロ対策特措没に基づいて、米艦船に燃料を補給する海上自衛隊の補給艦の活動範囲にも含まれている。英米両軍の要員や下請け業者ら数千人が居住しているが、観光客や元島民の渡航は禁止されている。

(2006-09-08 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディエゴガルシア基地の関連キーワードエゴサンディエゴセントルシアチャゴス諸島英米法ガルシアマルケスサンディエゴワイルドアニマルパークティエラデルフエゴ喜斎ディエゴ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone