ディオニシオス(1世)(読み)でぃおにしおす(英語表記)Dionysios Ⅰ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディオニシオス(1世)
でぃおにしおす
Dionysios Ⅰ
(前430ころ―前367)

古代シチリア島のシラクサの僭主(せんしゅ)(在位前405~前367)。紀元前405年に全権将軍に選ばれて事実上僭主となり、下層民や多数の傭兵(ようへい)に支持され、前398~前392年、前382~前374年、前368年~死までの三度、シチリア島を二分してカルタゴと戦った。前388~前375年に南イタリアとアドリア海に進出しシラクサを繁栄させた。文芸を好み、プラトンも来訪した。

[清永昭次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android