コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディオニュシオス[2世] Dionysios II

世界大百科事典 第2版の解説

ディオニュシオス[2世]【Dionysios II】

前400ころ‐前330ころ
シラクサの僭主ディオニュシオス1世の長子。在位,前367‐前344年。1世の死により後を継ぐが,政治的能力と軍事的野心を欠いていた。哲学研究を好んで哲学者を宮廷へ招いたが,プラトンによる哲人王教育の試みは失敗した。前357年にシラクサをディオンに占領されるが,前347年に奪い返す。前344年コリントスから派遣されたティモレオンに降伏し,コリントスに送られて余生を過ごした。【前沢 伸行】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のディオニュシオス[2世]の言及

【シチリア[島]】より

…その後一時民主政が興ったが根付かず,前5世紀末の前後2回にわたるアテナイ軍遠征の失敗とカルタゴの侵入はシチリアにおける内紛を再燃させ,その収拾の過程で再び僭主政が興った。シラクサを中心として,ディオニュシオス1世ディオニュシオス2世アガトクレスらの僭主が出現した。この間,前4世紀前半に哲人王を理想としたプラトンが3度シラクサを訪れたことは有名である。…

【ディオン】より

…シラクサの有力な政治家。ディオニュシオス1世の義弟で義理の息子。前389年にシチリアを訪れた哲学者プラトンの教えに傾倒し,1世の死後その後を継いだディオニュシオス2世を〈哲人王〉とすべく試みるが失敗してアテナイに亡命。…

※「ディオニュシオス[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ディオニュシオス[2世]の関連キーワードマイケル ジョンソンアンジェロ テイラーサーニャ リチャーズ・ロスジェレミー ウォリナーユリア ペチェンキナナタリア アントユフイアン ソープオスカー ピストリウスヤナ ピットマンラショーン メリット

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android