ディスカウント・ストア(英語表記)discount store

翻訳|discount store

世界大百科事典 第2版の解説

ディスカウント・ストア【discount store】

第2次大戦後のアメリカで急速に普及した小売形態の日本での呼称で,アメリカではディスカウントハウス(ロンドンの手形割引業者とは異なる)と呼ばれている。1930年代の〈公正取引法〉の施行以後出現したが,組織的に発展するのは戦後である。この小売方法は,電気製品,家具,カメラ,時計といった耐久消費財から衣料のような一般消費財に至る多様なナショナル・ブランド商品(〈ブランド〉の項参照)を,立地条件の劣った地域に簡素な店舗を設け,セルフサービスのみならずのままで商品を売るといった大量販売方式の採用によって,メーカーの希望する販売価格よりはるかに安い価格で消費者に提供するというものであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のディスカウント・ストアの言及

【小売】より

…たとえば最寄店は食料品,医薬品,日用雑貨のような日常生活の必需品の小売機能を担当し,買回り店は装飾品,家具,家電製品のように消費者がその品質や価格をそのたびごとに比較して購入する商品の小売機能を,専門店は貴金属,宝石,特殊な趣味品あるいは一部のスポーツ用品などのように品質の限定された高級品の小売機能を担当している。また店舗の営業形態によっても担当される小売機能は分化されており,百貨店は主として中級品から高級品にいたる幅の広い価格の商品をあらゆる種類にわたって販売するという小売機能を,大型スーパーは中級品を主体とした標準化商品を,ディスカウント・ストアは大量生産された低価格商品の量販という機能を,さらにスーパーマーケットは食料品を主体とした小売機能を,チェーン・ストアは商品部門を限定した各種商品の小売機能をというように,各地域,人々の所得,人口差に合わせた多様な店舗が展開されて,それぞれの小売機能を果たしている。 このような小売機能を補助しているのが,小売業者を除く広義の商的・物的流通機関が担当する流通機能である。…

※「ディスカウント・ストア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android