ディック リー(英語表記)Dick Lee

現代外国人名録2012の解説

ディック リー
Dick Lee


国籍
シンガポール

専門
ミュージシャン;作曲家;ファッションデザイナー

肩書
ソニー・ミュージック・アジア副社長

本名
リチャード リー

別名
中国名=李/炳文〈Lee/Peng-Boon〉

生年月日
1956/8/24

経歴
裕福な華僑の家に生まれる。7歳でピアノを始め、10歳から作曲も行う。1971年からバンド活動を始め、テレビやタレントショーで活躍。一方、母親のブティックを手伝いながらデザインに興味を持ち、’74年17歳の時にシンガポール初のファッションショーを開催。また同年「ライフ・ストーリー」でアルバムデビュー。’77年英国に留学し、服飾デザインを勉強。以後、ファッションデザイナーとしてファッション協会を組織するなど活躍する一方で、音楽活動を続け、次々とアルバムを制作。’83年「ライフ・イン・ザ・ライオン・シティ」で、シンガポールのスタイルを意識して中国歌謡を取り入れる。’85〜88年シンガポール代表として国際的な音楽祭に参加。シンガポール人独特の英語“シングリッシュ”で歌い、欧米のポップスにアジアのエッセンスをとり入れた無国籍風サウンドを作り上げる。’90年アルバム「マッド・チャイナマン」で日本デビューし大ヒット。その後「エイジア・メイジア」「オリエンタリズム」「SIN GAPOP」を発表。また香港のサンディ・ラムなどのプロデュースも手掛ける。’92年ミュージカル「ナガランド」では原作・作曲・主演をこなし、「ミツビシ・スーパー・セレクション・ナガランド」日本公演を行う。’98年ソニー系の音楽ソフト会社、ソニー・ミュージック・アジアのアーティスト&レコーディング担当副社長に就任(2000年退任)。2003年J-ASEAN POPsのイメージソングの作詞を担当。2005年“松任谷由実 with Friends of Love the Earth”に参加し、愛知万博の松任谷由実公演のテーマソング「Smile again」をリリース。同ユニットでNHK「紅白歌合戦」に初出場。他のアルバムに「シークレット・アイランド」(1995年)、「トランジット・ラウンジ」(’99年)、「エヴリシング」(2000年)、「ライス」(2003年)、ミュージカル「フォービドゥン・シティ」など。1992年歌手で女優のジャシンタと結婚するが、’97年離婚。

受賞
福岡アジア文化賞(芸術・文化賞,第14回)〔2003年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android