コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディン・ボ・リン Dinh Bo Linh

世界大百科事典 第2版の解説

ディン・ボ・リン【Dinh Bo Linh】

?‐979
ベトナム最初の独立王朝ディン(丁)朝(968‐980)の建設者。ディン・ティエンホアンDinh Tien Hoang(丁先皇)としても知られる。ベトナム北部ニンビン北西のホアルの土豪の子として生まれた。ゴ(呉)政権の崩壊後,北部各地にスークアン(使君)が割拠して内乱状況となったとき,ソンコイ川(紅河)デルタ下流部の水運に基礎をおいて各地のスークアンを次々に倒し,968(一説に966)年天下を統一,ホアルに都を建て,自らをダイタンミン(大勝明)皇帝,国号をダイコベト(大瞿越)と称した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ディン・ボ・リンの関連キーワードレ・ホアン丁部領交趾

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android