デイメク(英語表記)Kazimierz Dejmek

世界大百科事典 第2版の解説

デイメク【Kazimierz Dejmek】

1924‐2002
ポーランドの演出家。古典劇の正統をくむ演出で知られる。若くしてウッチの〈新劇場〉支配人(1949‐61),のちワルシャワの〈国民劇場〉に移るが1968年に解任され,72年ウッチ〈大劇場〉に復帰するまでの4年間は冷遇された。理由は1968年2月末〈国民劇場〉のミツキエビチ作の古典詩劇《父祖の祭》の演出が〈反ソ的〉として上演禁止となったことから,〈三月事件〉へ発展したためであった。【工藤 幸雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android