コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デカポリス デカポリスDekapolis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デカポリス
Dekapolis

ギリシア語で「10の都市」を意味し,パレスチナのヨルダン川東部にあったギリシア都市の連合をいう。アレクサンドロス3世 (大王) の死後,後継者 (ディアドコイ ) たちは彼にならって近東に多くの都市を建設したが,デカポリスの一部はその頃にさかのぼる。しかし連合体の結成は,前 63年のローマの将軍ポンペイウス (大ポンペイウス) によるパレスチナ征服の際に行われたのであろう。その目的はローマ帝国の辺境地帯における防衛であった。それぞれの都市は独自の議会をもち,貨幣の鋳造権,裁判権などをもっていた。 75年頃のプリニウス (大) によれば,これらの 10都市は,スキトポリス,ヒッポス,ガダラ,ペラ,フィラデルフィアゲラサ,ディオン,カナタ,ダマスカス,ラファナであったとされている。連合は宗教的儀式で結ばれていた。ヘロデ朝時代,アラビア属州時代を経て,2世紀頃まで続いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デカポリスの関連キーワードタバカットファハル都市同盟(中世)グウエイルベウムカイスジェラシュベテシャンベイトラスカナワットギリシア語イルビド

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android