コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デカポリス(英語表記)Dekapolis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デカポリス
Dekapolis

ギリシア語で「10の都市」を意味し,パレスチナのヨルダン川東部にあったギリシア都市の連合をいう。アレクサンドロス3世 (大王) の死後,後継者 (ディアドコイ ) たちは彼にならって近東に多くの都市を建設したが,デカポリスの一部はその頃にさかのぼる。しかし連合体の結成は,前 63年のローマの将軍ポンペイウス (大ポンペイウス) によるパレスチナ征服の際に行われたのであろう。その目的はローマ帝国の辺境地帯における防衛であった。それぞれの都市は独自の議会をもち,貨幣の鋳造権,裁判権などをもっていた。 75年頃のプリニウス (大) によれば,これらの 10都市は,スキトポリス,ヒッポス,ガダラ,ペラ,フィラデルフィアゲラサ,ディオン,カナタ,ダマスカス,ラファナであったとされている。連合は宗教的儀式で結ばれていた。ヘロデ朝時代,アラビア属州時代を経て,2世紀頃まで続いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android