コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デカルトの法則 Descartes' law

1件 の用語解説(デカルトの法則の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

デカルトの法則【Descartes' law】

二つの等方性媒質が接触しているところへ光のビームが進入したとき,入射光線反射光線屈折光線と,境界面の法線とは同じ面内にある.入射光線と屈折光線とは境界面の相反する側にあって,傾きの角度の正弦の比は,媒質に依存する一定値となる.スネルの法則*屈折の法則*)も参照.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デカルトの法則の関連キーワード屈折率光線等方性付着出る所へ出る等方体ところへケーンの通則遅滞効果フレネルの法則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone