コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デカ盛り

1件 の用語解説(デカ盛りの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

デカ盛り

一つの皿や丼に常識を超える量を盛った料理のこと。大盛りや特盛りよりもさらに上の段階として区別される。05年にTV番組で使われはじめて以来、ブームになったとされる。「激盛り」「爆盛り」なども同じ意味。大食を競って懸賞金や失敗時の罰金もある「チャレンジメニュー」とは一線を画す、という意見がある。

(2007-11-04 朝日新聞 朝刊 群馬全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デカ盛りの関連キーワード卓袱料理余りと言えば小付け皿鉢料理非常識滅法トルコライス回転盆

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デカ盛りの関連情報