コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジアナ変換サービス

1件 の用語解説(デジアナ変換サービスの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

デジアナ変換サービス

ケーブルテレビ光ケーブルテレビなどの有線テレビでは、7月24日の地デジ完全移行後も、地デジ放送アナログ電波に変換して届ける「デジアナ変換サービス」を契約者に提供するところが多数あります。総務省の要請を受けて実施される、最長で2015年3月末までの期間限定のサービスで、有線テレビからのアンテナ線をつなげたアナログテレビで、地デジ放送を見ることができます。BS放送は対象外です。また事業者によっては、その地域でアンテナ受信で視聴できるチャンネルと、このサービスで視聴できるチャンネルが異なる場合があります。契約者には、それぞれ案内がされているでしょう。画質は標準で、画面の上下に黒い帯が入り、電子番組表は使えないなど、地デジ放送そのものとは違うところがあります。また放送には著作権保護がかかっているので、録画にも制約があります。

(2011-06-24 朝日新聞 朝刊 東特集T)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジアナ変換サービスの関連キーワード光ケーブルケーブルTVOFケーブル地下ケーブルケーブルテキストケーブルネットワークビデオケーブルケーブル・テレビインターネットとケーブルテレビの普及

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デジアナ変換サービスの関連情報