コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタルパーマ でじたるぱーまdigital permanent

知恵蔵の解説

デジタルパーマ

美容室で行われるパーマネントウエーブ技術の1つ。ホット系パーマとも呼ばれ、加温ロッド(発熱するロッド)を使用して加温することを特徴とする。通常のパーマとは施術方法が異なっている。パーマの第1剤で毛髪を還元軟化、水洗後、加温ロッドに巻き加温、ロッドオフして第2剤を塗布し酸化という工程でウエーブを得る。このシステムで施術されたウエーブは持ちが良く、美容室でのスタイルを自宅でも簡単に再現でき、大変扱いやすいと評価されている。

(三浦志郎 資生堂ビューティーソリューション開発センター所長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デジタルパーマの関連情報