コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル専用レンズ てしたるせんようれんす,でじたるせんようれんず

カメラマン写真用語辞典の解説

デジタル専用レンズ

 35mmフィルムよりも小さな APS-Cサイズ 相当の大きさの 撮像素子 面積を持つデジタル一眼レフカメラ専用、あるいは フォー・サーズ・システム 規格に作られたレンズ。そのため、フルサイズ撮像素子を使用するデジタル一眼レフカメラやフィルム一眼レフカメラに装着しても、周辺がケラれて実用にならない。メーカーによっては、デジタル専用レンズをフルサイズ一眼には装着できない仕組みをマウントに設置している。また、APS-Cサイズ相当より大きな APS-Hサイズ 相当の撮像素子を採用した機種にも使用はできない。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

デジタル専用レンズの関連キーワードデジタル対応レンズ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android