コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル専用レンズ てしたるせんようれんす,でじたるせんようれんず

1件 の用語解説(デジタル専用レンズの意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

デジタル専用レンズ

 35mmフィルムよりも小さな APS-Cサイズ 相当の大きさの 撮像素子 面積を持つデジタル一眼レフカメラ専用、あるいは フォー・サーズ・システム 規格に作られたレンズ。そのため、フルサイズ撮像素子を使用するデジタル一眼レフカメラやフィルム一眼レフカメラに装着しても、周辺がケラれて実用にならない。メーカーによっては、デジタル専用レンズをフルサイズ一眼には装着できない仕組みをマウントに設置している。また、APS-Cサイズ相当より大きな APS-Hサイズ 相当の撮像素子を採用した機種にも使用はできない。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル専用レンズの関連キーワードAPSAPS-Cサイズポジフィルムマイクロフィルム反転フィルムロールフィルムAPSフィルム35mmフィルムカメラ135フィルムキャストフィルム

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone