デジタル無線通信(読み)でじたるむせんつうしん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

デジタル無線通信

音声やデータをデジタル化し、赤外線電波を使って送受信を行う通信のこと。無線LANデジタル携帯電話に使用されている公衆通信サービスなどがある。データを暗号化して送受信できたり、10Mbps前後の高速通信が可能になったりするなど、有線通信と比較して利点が多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android