デジデリオ・ダ・セッティニャーノ(英語表記)Desiderio da Settignano

世界大百科事典 第2版の解説

デジデリオ・ダ・セッティニャーノ【Desiderio da Settignano】

1428‐68
イタリア彫刻家。フィレンツェの石工の家に生まれ,1453年に同地の彫刻家組合に登録される。短い活動期間は,おもにフィレンツェのサンタ・クローチェ教会の〈カルロ・マルズッピーニ墓碑〉や,サン・ロレンツォ教会聖器室の祭壇彫刻の制作にあてられた。浅浮彫彫刻に優れ,ドナテロの〈スティアッチャートStiacciato〉技法の影響を受けてはいるが,ドナテロの激しい感情表現や力強いリアリズムとは逆に,光を柔らかく明暗のうちに包む繊細な装飾的効果を特徴とする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android