コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デスバレー国立公園 デスバレーこくりつこうえんDeath Valley National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デスバレー国立公園
デスバレーこくりつこうえん
Death Valley National Park

アメリカ合衆国のカリフォルニア州とネバダ州にまたがる国立公園。1933年国定記念物として設定され,1994年に国立公園に指定された。面積 1万3650km2。(→デスバレー)  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵miniの解説

デスバレー国立公園

米国カリフォルニア州のシエラネバダ山脈東部にある国立公園。面積は1万3518.16平方キロメートルで全米最大。複数の渓谷・山脈や、海抜下86メートルの内陸湖「バッドウォーター」、「悪魔の巣穴」と呼ばれる小さな池、「サールズ湖」などがあり、少なくとも17億年前から形成されてきた複雑な地形となっている。全米で最も暑く乾燥した国立公園とされ、「世界で最も暑い場所」と言われることもある。こうした過酷な砂漠環境に適応した多くの動植物も生息している。紀元前8000年頃より先住民が住み始め独自の文化を形成したが、1880年代に「ホウ砂」を求めて白人が移入、1920年代まで世界一のホウ砂生産地として繁栄した。また1900年代初頭にはゴールドラッシュも起こった。1933年に国定公園に指定され、一部が保護区域となった。84年には生物圏保護区となり、94年、国立公園に昇格した。

(2013-7-11)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

デスバレー国立公園の関連キーワードデスバレートレイルマラソン悪魔のゴルフコース

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android