コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デノミデノミネーション(Denomination)

1件 の用語解説(デノミデノミネーション(Denomination)の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

デノミデノミネーション(Denomination)

通貨の呼称の変更、または通貨単位を変更すること。英語での元の意味は「額面金額・単位」。急激なインフレによって通貨単位が大きくなりすぎ、計算、記帳、支払いなどが煩雑になるのを避けるため、100分の1や1000分の1に切り下げること。現在の100円を新1円にデノミを行った場合、ドルやユーロと桁が同じになる、関連業種において特需が発生する、切り替え時にアングラマネーが表面化する、などのメリットがあるとも言われている。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デノミデノミネーション(Denomination)の関連キーワードロケールリラルーブルECUエスクード欧州通貨単位クローネ封度スワップ・ポイントスワップ金利アジア通貨単位(ACU=アキュ)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone