デノミデノミネーション(Denomination)

外国為替用語集の解説

デノミデノミネーション(Denomination)

通貨の呼称の変更、または通貨単位を変更すること。英語での元の意味は「額面金額・単位」。急激なインフレによって通貨単位が大きくなりすぎ、計算、記帳支払いなどが煩雑になるのを避けるため、100分の1や1000分の1に切り下げること。現在の100円を新1円にデノミを行った場合、ドルやユーロと桁が同じになる、関連業種において特需が発生する、切り替え時にアングラマネーが表面化する、などのメリットがあるとも言われている。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android