コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デビス・カップ Davis cup

翻訳|Davis cup

世界大百科事典 第2版の解説

デビス・カップ【Davis cup】

国際テニス連盟(ITF)の主催する男子国別トーナメントの優勝国に贈られる銀製トロフィー。1900年,アメリカのハーバード大学生D.F.デービスの発案で,国際親善を深めるのを目的にテニスの英米対抗試合が行われ,その勝者のために寄贈したもの。07年以降ヨーロッパを中心に,しだいにカップ争奪戦に加わる国が多くなり,正式名称〈国際ローンテニス選手権〉,通称〈デ杯戦〉として世界的スポーツ行事に成長した。日本は21年に初参加。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

デビス・カップの関連キーワードセルゲイ(Jr.) ブブカジョン マッケンローK. ローズウォール国際テニス連盟デビス・カップ太田 芳郎ティルデン佐藤次郎ラコステ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android