デビット・カード(読み)デビットカード

百科事典マイペディアの解説

デビット・カード

買物代金を口座から引き落とすためのカード(キャッシュカード)。クレジット・カードが一種の掛売りで後日精算するのとは違い,即時決済をする。スーパーなどのレジ接続の端末にカードを差し込み,暗証番号と金額を打ち込むと,自分の口座から代金が引き落とされ,店に振り込まれる仕組み。現在発行済みキャッシュカードのほとんどがそのまま利用できる,現金を持ち歩かずにすみ,預金残高以上の買物をする心配がないなどのメリットがある。欧米では広く普及しているが,日本では2000年3月から本格サービスを開始した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android