コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デフォルトルート でふぉるとるーと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

デフォルトルート

ルーティングテーブルに、ホストルートやネットワークルートで一致する情報がない場合に使われる経路デフォルトゲートウェイとなるルーターが、デフォルトルートの宛先となる。デフォルトルートは本来、ルーティングテーブルの情報をコンパクトにするための技術として考え出された。もしデフォルトルートが存在せず、すべて自前で処理をしようとすると、すべてのルーターやホストが全経路情報を持たなければならず非現実的である。また、ルーティングテーブルが大きくなると、経路情報の検索時のCPUの負荷が上がる、変動する経路に追従できないなど、多くの問題を抱えることになる。複数の経路情報を1つの「デフォルト(省略時の選択肢)ルート」とすることで、ルーティングテーブルの情報を小さくしようというのが、デフォルトルートの考え方となっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android