デフレ・ギャップ(英語表記)deflationary gap

世界大百科事典 第2版の解説

デフレ・ギャップ【deflationary gap】

完全雇用を達成するのに必要な有効需要水準に比し現実のそれが低いときの両者の差。正しくはデフレーショナリー・ギャップ。企業倒産や失業の増大,所得のマイナスの伸び等の経済不況の原因を,ケインズは《一般理論》(1936)において有効需要の不足に求めた。すなわち,経済の生産技術と資本ストック量を所与として,すべての労働者を完全に雇用したときに得られる財貨の生産額を完全雇用産出高Yfと定義する。しかし市場経済で実際にどれだけの財が生産されるかは,総需要のレベルにかかっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のデフレ・ギャップの言及

【インフレ・ギャップ】より

…そこでインフレ・ギャップは投資と完全雇用時の貯蓄(すなわち,完全雇用産出高-消費)の差額に等しいことになる(図参照)。つまり現在の家計の消費行動を前提として,現在企業が予定している投資を実行すると,完全雇用所得レベルで起こる投資超過額がインフレ・ギャップということになる(インフレ・ギャップがマイナスの値の場合はデフレ・ギャップという)。実際にインフレ・ギャップの存在や,その大きさを知るためには,完全雇用産出高を知ることが前提になる。…

※「デフレ・ギャップ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android