コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デブス Eugene Victor Debs

世界大百科事典 第2版の解説

デブス【Eugene Victor Debs】

1855‐1926
アメリカの労働・社会主義運動の指導者。アルザス移民の息子としてインディアナ州テレ・ホートに生まれ,若くして鉄道に働きつつ,組合活動家として台頭。1893年産別のアメリカ鉄道組合(ARU)を組織。翌年ARUを率いて,プルマン鉄道会社に起こったストライキを支援。逮捕,投獄されたが,これを機に労働運動指導者としてのデブスの人気は一挙に全国へと広まった。数ヵ月の獄中生活の間に,E.ベラミーからマルクスに至る社会主義思潮を学び,その後97年にはビクター・バーガーと協力しアメリカ社会民主党を結成。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デブス
でぶす
Eugene Victor Debs
(1855―1926)

アメリカの労働運動、社会主義運動指導者。鉄道火夫となり、1880年鉄道火夫友愛会の全国書記会計となった。産業別組合主義を唱え、93年アメリカ鉄道組合を組織し、94年プルマン・ストライキを指導し、スト禁止命令に違反したとがで10か月間入獄。社会主義者として出獄し、98年社会民主党を組織し、1900年その大統領候補となった。アメリカ社会党が成立すると、04年、08年、12年、20年に大統領候補に指名され、力強い雄弁で人々をひきつけ、12年には90万票を得た。革命的な社会主義者、産業別組合主義者としてAFL(アメリカ労働総同盟)の保守的指導部と職能別組合主義を鋭く批判し、05年にはIWW(世界産業別労働者組合)創設に参加した。第一次世界大戦へのアメリカの参戦に反対し、18年に10年の刑の判決を受けたが、20年には獄中から大統領選に出馬し、91万票を得た。21年恩赦により出獄。[野村達朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デブスの関連キーワードコーヒールンバグリオキサールイスパルタ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デブスの関連情報