コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デメトリオス1世[バクトリア] デメトリオスいっせい[バクトリア]Dēmētrios I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デメトリオス1世[バクトリア]
デメトリオスいっせい[バクトリア]
Dēmētrios I

バクトリア王 (在位前 190~167頃) 。エウチデモス1世の子。アラコシアとドランギニアを王国に加え,北部インド地方にまで進攻してギリシア,インド両民族の融合というアレクサンドロス3世 (大王) の理想を追求したといわれる。このことは彼の鋳造した貨幣にギリシア語プラークリット語との銘が並び存することにもうかがわれるが,前 167年頃暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デメトリオス1世[バクトリア]の関連キーワード鑑定留置桓帝争点証拠整理手続来栖けい稲吉貴子桓帝トリブツム時効副市町村長民事執行法