コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュケーヌ デュケーヌDuquesne, Abraham, Marquis

1件 の用語解説(デュケーヌの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュケーヌ
Duquesne, Abraham, Marquis

[生]1610. ディエブ
[没]1688.2.1/2. パリ
フランスの海軍軍人。カルバン派の小海運業者の家に生れる。初めリシュリュー公に海軍大尉として登用され,次いで J.コルベールの海軍大拡張計画のもとで,ブレスト艦隊の司令官としてブレスト軍港の整備にあたった。オランダ戦争 (1672~79) 初期,戦果があがらず一時失脚したが,後期には地中海艦隊の司令官に返り咲き,スペインに対するシチリア反乱を援助し,制圧に到来した M.ロイテル指揮下のオランダ艦隊をアゴスタ沖海戦 (76.4.22.) で撃破した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デュケーヌの関連キーワード元禄アンリル・ナン[兄弟]尼子義久アンリ[4世]兼見卿記ルイ[13世]ルイ王朝様式アンリ本佐倉城

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone