コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュムラン Dumoulin, Charles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュムラン
Dumoulin, Charles

[生]1500. パリ
[没]1566.12.27. パリ
フランスの法学者。 1552~57年宗教上の理由でドイツに滞在し,ストラスブール大学,テュービンゲン大学で法学を講義した。封建制度に強く反対し,国王の権力を強調,またフランス各地の慣習法のすぐれた研究を行い,のちのフランス法学の発展に多大の貢献をした。なかでも,夫婦財産制について彼が主張した当事者自治の原則は,のちに契約の一般原則となるにいたった。主著"Commentariorum in consuétudines Parisienses pars prima" (1539) ,"Sommaire du livre analytique des contrats,usures,rentes constituées,intérêts et monnayés" (47~56) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デュムランの関連キーワードバーナード ラガトシャニー デービスグラント ハケットエルベン ベンネマルスグラント ハケットシンディ クラッセンアスベル キプロプイレイン ブストデニー モリソン孫 楊

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android