コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュ・ボス デュ・ボス Du Bos, Charles

2件 の用語解説(デュ・ボスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュ・ボス
デュ・ボス
Du Bos, Charles

[生]1882.10.27. パリ
[没]1939.8.5. セーヌエオアーズ,セルサンクルー
フランスの批評家。オックスフォードベルリンフィレンツェの各大学に学び,鋭い心理分析と深い宗教的感性 (1927年カトリックに改宗) を示すその芸術論,作家論の大部分は『近似値』 Approximations (7巻,22~37) に収められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デュ・ボス
でゅぼす
Charles Du Bos
(1882―1939)

フランスの批評家。イギリス女性を母としてパリの大ブルジョアの家に生まれ、イギリスのオックスフォード大学に学ぶ。英文学ばかりか広く仏独の文学にも精通し、いつも文壇の中心からやや外れたところにいて、好きな作家を好きなように論じた。その成果が『近似値』Approximations(七巻本1922~37、一巻本1965)である。彼の批評の特長は、ある作品・作家の内面を形成する深層にまで探りを入れ、直観と共感をともに働かせながら、自己の回心をも含む運命の諸相を明るみに引き出すこと、音楽や絵画の見方を巧みに用いて、対象の世界を自己のそれに即して再現することにある。しかしその批評は、彼の口述筆記させた膨大な量の『日記21―39』(九巻、1946~61)を母体として生まれてきたものであり、つまりその芽はすべて『日記』のなかにある。彼の代表作「ウォルター・ペーター」論(『近似値』所収)は、そのよい例である。[松崎芳隆]
『清水徹訳『ショーソン、心による慰め』(『世界批評大系3 詩論の展開』所収・1975・筑摩書房) ▽清水徹訳『バンジャマン・コンスタンと「アドルフ」』(『世界批評大系5 小説の冒険』所収・1974・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デュ・ボスの関連キーワード井芹蘇泉Nパリアパリジェンヌパリマラソンパリンちゃんやっぱりおおかみヘパラン硫酸Diaz de la Peña,N.ペリパリオ,N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デュ・ボスの関連情報