コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュープレックス デュープレックス duplex

翻訳|duplex

2件 の用語解説(デュープレックスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

デュープレックス(duplex)

双方向通信用線路。
信頼性向上のために用いた2台のコンピューターのうちの1台。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デュープレックス
でゅーぷれっくす
duplex

上限をルーフ衝上(しょうじょう)断層、下限をフロアー衝上断層で境され、その中で地層が瓦(かわら)を斜めに重ねたように、小規模な衝上断層によって次々と重なっている構造のこと。デュープレックスという名称は、北アメリカの2階建ての集合住宅に由来する。屋根(ルーフroof)と床(フロアーfloor)があり、部屋(地層)が二つ重なっていることから地質用語に転用された。デュープレックス内の、それぞれ断層で囲まれたブロックはホースhorseという。
 デュープレックスの部分では、地層が衝上断層によって重なるために、全体として短縮し厚くなる。造山帯前縁部の衝上断層帯で厚い集積体をつくったり、海溝充填堆積物(かいこうじゅうてんたいせきぶつ)が付加するときの底付け作用で形成されることが知られている。なお、横ずれ断層に伴うものは横ずれデュープレックス、正断層に伴うものは伸張デュープレックスとよばれる。これらと区別する必要がある場合は、衝上断層に伴うデュープレックスは衝上デュープレックスとよばれることがある。[村田明広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デュープレックスの関連キーワードシンプレックス全二重通信単方向通信全二重半二重双方向通信双方向片方向通信ツーウエーコミュニケーション財務報告の信頼性

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デュープレックスの関連情報