コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュ・カンジュ Charles du Fresne,seigneur du Cange

1件 の用語解説(デュ・カンジュの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デュ・カンジュ【Charles du Fresne,seigneur du Cange】

1610‐88
フランスギリシア学者。シャルル・デュ・フレーヌが本名でデュ・カンジュは領地名である。ダニエル・ユエやマビヨンと並ぶ17世紀フランスの代表的学者で〈フランスのウァロ〉と称された。勤勉で有名であったが,多くの子どもや友人にも暖かく接した豊かな人柄で学者の模範とされた。47歳で初めて《コンスタンティノープル帝国史》を出版し,学問的ビザンティン史研究の始祖となった。68歳で3巻本として出した《中世ラテン語辞典Glossarium ad scriptores mediae et infimae latinitatis》は死後(1733‐36)6巻本となり,さらにベネディクト会のサン・モールによる補訂によって7巻本,1883‐87年には10巻本となって,デュ・カンジュというとこの辞書を指すほど有名となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デュ・カンジュの関連キーワードギリシアビュデフランス領ポリネシアメイエギリシャ哲学ギリシャ独立戦争ギリシャ文字エレア学派フランスソワールギリシア棺謀殺事件

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone