コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュ・カンジュ Charles du Fresne,seigneur du Cange

世界大百科事典 第2版の解説

デュ・カンジュ【Charles du Fresne,seigneur du Cange】

1610‐88
フランスのギリシア学者。シャルル・デュ・フレーヌが本名でデュ・カンジュは領地名である。ダニエル・ユエやマビヨンと並ぶ17世紀フランスの代表的学者で〈フランスのウァロ〉と称された。勤勉で有名であったが,多くの子どもや友人にも暖かく接した豊かな人柄で学者の模範とされた。47歳で初めて《コンスタンティノープル帝国史》を出版し,学問的ビザンティン史研究の始祖となった。68歳で3巻本として出した《中世ラテン語辞典Glossarium ad scriptores mediae et infimae latinitatis》は死後(1733‐36)6巻本となり,さらにベネディクト会のサン・モールによる補訂によって7巻本,1883‐87年には10巻本となって,デュ・カンジュというとこの辞書を指すほど有名となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デュ・カンジュの関連キーワードデュ・カンジュ12月18日

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android