コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュ・セルソー Jacques Androuet du Cerceau

世界大百科事典 第2版の解説

デュ・セルソー【Jacques Androuet du Cerceau】

1510ころ‐85
フランス・ルネサンスの建築家,建築理論家。16~18世紀に活躍した建築家一族デュ・セルソー家の祖。イタリアで古典建築を調査・研究。帰国後,収集した資料とスケッチをもとに古典建築図集を次々に公刊するが,新教徒だったため設計の注文に恵まれなかった。しかしルイ12世の娘ルネ・ド・フランスの庇護の下で設計・研究を続け,図集《フランス建築精華集》(1576‐79)を著す。長男のバティストBaptiste Androuet du Cerceau(1544ころ‐90)は父の意志を継ぎ,宮廷建築家として活躍した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

デュ・セルソーの関連キーワードブロス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android