コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュ・ベレー Joachim Du Bellay

世界大百科事典 第2版の解説

デュ・ベレー【Joachim Du Bellay】

1522‐60
フランス,ルネサンス期の詩人。アンジュー地方の小貴族の家に生まれる。1544年ポアティエに学び詩作に目覚め,46年盟友ロンサールと出あいその推薦によって翌年パリのコクレ学寮にはいる。49年散文の論説フランス語の擁護と顕揚》を発表したが,これはのちに〈プレイヤード派〉と名付けられる,共通の新しい文芸理論を抱くグループの意見を代表するものであった。すなわち,フランス語は文学表現の手段として用いられて当然であるが,そのためには古代文芸,イタリア文学にならって内容を充実すべきであり,新語の導入,新詩型の移入修辞の工夫等に努力を払いつつ誇りと自覚をもって創作をおこなうことを説く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のデュ・ベレーの言及

【ヨーロッパ】より

…第2の層は,王権の基盤である北フランスのオイル語,とりわけパリ地域で用いられてきたフランシアン方言を基準とする標準フランス語であった。人文主義者の一人J.デュ・ベレーは《フランス語の擁護と顕揚》(1549)において,この美しい〈フランス語〉を擁護する。その活動が全国的な人と物の流通の上に成立するブルジョアジーは,この国民語をこそ推奨しなければならない。…

【ラブレー】より

…以後新作出版のたびに神学部やパリ高等法院の追及を受け,著書は発禁,作者は亡命を繰り返すことになる。ただ幸いにも彼は人文主義的な重臣デュ・ベレー兄弟らに愛され,1534,35‐36,47‐49年の3回にわたって弟のパリ司教ジャンの侍医兼秘書としてローマその他に滞在し,古代文化に直接触れ,各地の人文学者と交流の機を得たし,1551年には生活の資となる二つの司祭職も与えられた。また1539‐40,41,42年にはフランス占領下の北イタリア,ピエモンテ地方総督代理となった兄ギヨームに随行し,トリノに滞在している。…

※「デュ・ベレー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デュ・ベレーの関連キーワードベレー(デュ・ベレー)ルネサンス史(年表)ヘンリ シャーマルプレイアード詩派プレイヤード派デュ・ベレープレイヤッド2月25日グレバンラブレーバイフセビエアノー顕揚ドラ

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android