コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュ・ボア・レーモン Emil du Bois‐Reymond

1件 の用語解説(デュ・ボア・レーモンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デュ・ボア・レーモン【Emil du Bois‐Reymond】

1818‐96
ドイツ生理学者。少年のころ一時両親の故郷スイスヌシャテルで学んだが,のちベルリンとボンで自然科学全般を修めたあとJ.P.ミュラーに師事し,動物電気現象の研究に新生面を開き,筋肉,神経の生理に関する研究に貢献した。1858年急逝したミュラーの後を継いでベルリン大学生理学正教授となる。彼は科学のほか,ひろく文学,芸術,哲学などにも造詣が深く,この方面に関する多数の著作を残しているが,なかでも不可知論を説いて唯物論者の間に一石を投じた《自然認識の限界についてÜber die Grenzen des Naturerkennens》(1872)は日本でもひろく読まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のデュ・ボア・レーモンの言及

【生命】より

…哲学的には,思想も脳の分泌物であるという観念であらわされる生理学的唯物論が,K.フォークト,J.モーレスコット,L.ビュヒナーらによって唱えられた。他方,デュ・ボア・レーモンは,機械論的見解を推し進めつつも宇宙の究極には不可知の問題が残るとして,素朴な唯物論的理解を批判した。
[三大問題の展開と生命観]
 時代をさかのぼり18世紀後半を見ると,カントの哲学と生命観とのかかわりが問題として浮かび上がる。…

※「デュ・ボア・レーモン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デュ・ボア・レーモンの関連キーワードデール西ドイツパブロフブントヘルムホルツ比較生理学マイヤーホーフ統一ドイツ栄養生理学小池厳雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone