デュ・ボス(英語表記)Charles Du Bos

世界大百科事典 第2版の解説

デュ・ボス【Charles Du Bos】

1882‐1939
フランスの批評家。上流階級の出身で該博教養と敬虔な魂の持主であった彼にとって,批評とは,魂の地平における作品と自己との出会いを出発点として,そこに発見された問題を共感内省とにより深化させる営みにほかならず,職業的な意味はほとんどなかった。評論集《近似》全7巻(1922‐37)に論じられた対象はゲーテペーターなどを含む国際的なひろがりをもち,音楽や美術にも及ぶ。ジッドコンスタンを論じた個人研究もあるが,たえず文学・芸術に触れ,それを通して美的なものから霊的なものへと探求を進める日々の営みを生涯記しつづけた《日記》全9巻(1946‐61)が,彼の最高の批評作品だともいえる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android