コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デリアス Delius, Frederick

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デリアス
Delius, Frederick

[生]1862.1.29. ヨークシャーブラッドフォード
[没]1934.6.10. パリ近郊グレーシュルロアン
イギリスの作曲家。両親はイギリス国籍をもつドイツ人。青年時代に渡米し,和声学と対位法を学ぶ。 1886年ライプチヒ音楽院に入学,H.ジット,C.ライネッケ,S.ヤーダスゾーンに師事。 88年以後パリ郊外に定住。 1925年には両手の麻痺から失明にいたったが,作曲活動は続けられた。オペラ『コアンガ』 (1897) ,『村のロミオとジュリエット』 (1901) ,『フェニモアとゲルダ』 (10) ,声楽曲『アパラチア』 (1902) ,交響詩『ブリック・フェアー』 (07) など多くの作品があり,印象主義的な作風で知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デリアスの関連キーワードサイゴン条約黒住教バールセンブッセリチャードソンリッジウェー有馬新七ウィリス宇津木六之丞大橋訥庵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android