コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デリー城 デリージョウ

デジタル大辞泉の解説

デリー‐じょう〔‐ジヤウ〕【デリー城】

Delhi Fort》⇒ラールキラー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デリー城
デリーじょう

レッド・フォート」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のデリー城の言及

【デリー】より

…そのため,インド史上とりわけ西方からの外来諸勢力の根拠地となった。 デリー三角地は,デリー城を中心とするいわゆるオールド・デリーを北端の頂点とし,歴史的には三角地南部,次いでオールド・デリー,さらにその南方のニューデリーの順に発展した。《マハーバーラタ》に描かれたパーンダバ王子の都インドラプラスタは現在のニューデリー東部プラーナー・キラー(〈古城〉の意)の位置にあったとされる。…

※「デリー城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デリー城の関連キーワードバハードゥル・シャー2世インド・イスラム美術デリー連邦直轄地

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android