コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デルベント Derbent/Дербент

デジタル大辞泉の解説

デルベント(Derbent/Дербент)

ロシア連邦南西部、ダゲスタン共和国の都市。カフカス山脈東端カスピ海西岸の間に位置し、古くから中東と南ロシアの平原地帯を結ぶ交通の要衝として知られ、しばしば北方遊牧民の侵入が繰り返された。ササン朝ペルシアの王ホスロー1世が築いた高さ20メートルの堅固な城壁などが残っており、2003年に「デルベントシタデル城塞)、古代都市、要塞建築物群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デルベントの関連キーワードデルベントのシタデル、古代都市、要塞建築物群ユリー クルイモフクルイモフ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android