コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デンセイ・ラムダ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デンセイ・ラムダ

スイッチング電源標準品のトップメーカー。電算機の記憶装置の製造・販売を目的として 1970年に創業された日本電子メモリ工業を前身とし,78年アメリカのビーコ・インスツルメンツ社の資本参加を得てネミック・ラムダとして設立。 1972年,日本で初めてスイッチング方式による標準電源の設計技術を確立し製品化に成功した TMシリーズが発展の基礎となる。同製品は現在,国内シェア4割を占めるとともに,海外生産の比率も高く5割に達している。 99年 10月日本電気精器を合併するとともに現社名に変更。売上構成比は,スイッチング電源 93%,ノイズフィルタ5%,商品1%,その他2%。年間売上高 248億 4200万円 (連結。うち輸出 17%) ,資本金 28億 7300万円,従業員数 322名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デンセイ・ラムダの関連キーワードTDKラムダ川原田政太郎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android