コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デンタツス Dentatus, Manius Curius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デンタツス
Dentatus, Manius Curius

[生]?
[没]前270
古代ローマの名将,政治家。前 290年執政官 (コンスル ) としてサムニウム戦争を終結させ,またサビニ人をローマに服させた。前 275年再度執政官となりエピルス王ピュロスを破る。前 272年戸口総監 (ケンソル ) としてアニオ水道の工事に着手したが完成をみずに死んだ。古代ローマの質実剛健の士の理想とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デンタツスの関連キーワード名将

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android